梅が原材料のウムリンは不妊治療の希望の星

ウムリンは梅から抽出した成分が主成分です。ウムリンの名前はその成分名UMULINからとったものです。不妊治療ではより効果が発揮する事が分かりました

元々は鶏の産卵率を上げることであったウムリンの研究は、産卵率も上がりまた卵も良質なものが採卵でき成功でありました。その卵はその後「うめ卵」としてブランド化し生産されています。

この成功を人間の不妊治療に転用できないか?という発想から、新しく研究が進められたのです。その研究に携わった和歌山医科大の研究チームからは、妊娠した患者の妊娠率を大幅に向上させる効果があることが発表されました。具体的には、ウムリンは卵子に深く関係する顆粒細胞を酸化ストレスから守り、良い卵子を作ることに貢献するのです。

臨床実験で不妊治療を受けたのは、30代から40代の女性9人でDHEAを摂取しても効果がなかった患者たちでした。その被験者でウムリンを摂取したところ、うち5人が妊娠に至りました。

DHEAを服用していない10人の女性に対しても同様の臨床試験を行いましたが、結果的に6人が妊娠4人が出産し、この結果DHEAを服用しなくても妊娠することがわかりました。

その後研究も進み、データも揃うと年齢とウムリンの服用期間には関係性がある事が分かりました。以下はその関係性をまとめて導かれた推奨服用期間です。

34歳未満→2ヶ月間〜6ヶ月間

39歳未満→2ヶ月間〜8ヶ月間

40歳以上→2ヶ月間〜10ヶ月間

服用期間は年齢が上がると延びますが、注目したいのは40代の人でも十分妊娠の可能性があることでしょう。

ウムリンの効果について

ウムリンは当初鶏卵の産卵率の向上が研究目的でしたが、その研究の成功により人間でも同じ効果が得られるのかさらに研究を進めました。その研究の結果、ウムリンは不妊治療に活用できるサプリとして産まれました。

ウムリンの効果は鶏も人間も卵子質に影響を及ぼすということです。鶏の産卵率上昇も卵の質の改善と同じように、人間の卵子の質の向上や成熟に影響を及ぼすのです。

ところが、現代の科学では卵子の老化を止められません。でもウムリンはなぜ卵子の質が改善できるのでしょう?

実は卵子には卵子を取り囲む顆粒膜細胞と呼ばれる細胞があります。その細胞は卵子に栄養を送り、保護するいわゆる卵子の母のような細胞なのです。これを顆粒膜細胞といいます。

顆粒膜細胞も卵子と同様に老化するのですが、ウムリンは顆粒膜細胞を酸化から守る、抗酸化作用があります。 卵子を保護する細胞を酸化=老化は止められるのです。

その効果については「ウムリンで妊娠報告集〜ウムリンで妊娠したよ!」で詳しく書かれています。